当院の方針と特徴

左/遠藤 中央/新垣 右/白戸

  1. 三人の医師がいる事で、より安全でスムーズな診療ができます。
  2. 院長、副院長は長年の周産期医療(胎児関係の診察)のスペシャリストであると同時にそれぞれの得意分野もあるので、幅の広い医療ができます。
  3. 担当医師を選択する事ができます。ご希望の方は分娩時も妊娠経過を診てきた担当医が対応するように努めますのでお申し出ください。
  4. 妊娠36週前半までに早産で生まれる可能性のある赤ちゃんは、医師が早期に見極め母子共の安全の為、函館中央病院へ搬送しています。
  5. 妊娠期の超音波診断で赤ちゃんの健康状態を深く診察します。4Dの超音波診断装置により、リアルタイムの赤ちゃんの状態を鮮明に観察する事ができます。
  6. 三人の医師がいることで緊急時の帝王切開等の手術や硬膜外麻酔(無痛分娩)は24時間いつでも出来る体制になっています。
  7. 緊急時は、函館中央病院をはじめ、市内各病院との連携が出来ています。
  8. 離島である奥尻の妊婦さんはインターネットを通じてのテレビ電話利用の診察も行っています。
  9. 分娩費用は通常のお産で42万円前後となります。この中には全員加入の産科医療補償制度掛け金16,000円が含まれています。当院では出産育児一時金の「直接支払制度(支給額42万円)」を活用でき、出産費用に充てることができます。
  10. 医師以外のスタッフは総勢32名。内助産師は13名、看護師10名、看護助手4名、事務職員4名、事務長で構成されています。
  11. 里帰りの出産は受け入れ可能です。事情があり他からの転院をお考えの方の相談にものっています。
  12. 産後うつの症状やお母様の不安解消の為に、産後二週間相談を行っております。
  13. 婦人科に関しての原因不明の症状に関しては、日頃の生活状況を お聴きしながら親身な相談にのっております。手術後の精神的な悩み等もご相談ください。
  14. 産科・婦人科とも初診の方も含め、24時間インターネットからの事前受付を取り入れています。手術等による診療時間変更のお知らせはメールにても行い皆様へご迷惑がかからない様に努めています。ただし、当院は完全予約制ではありません。事前受付なしでも、診療時間内はいつでも受診できます。
  15. 単に、産科・婦人科の診察だけではなく、女性として、一人の人間としての生き方、子育てや熟年期の過ごし方を各種教室講話会を通じて応援しています。
平成27年11月 えんどう桔梗マタニティクリニック