ごあいさつ

院長 遠藤力からのごあいさつ

院長 遠藤 力 現代の女性は、社会情勢、ライフスタイルの変化で、これまでにもまして体と心への負担を受けやすい生活環境の中にあるのではないでしょうか。
健康に年を重ねることは誰でもが持つ望みだと思います。産婦人科の役割は、女性が健康を維持し、生き生きと生きて行くお手伝いをすることだと思っています。
私たちは分娩も扱っています。私は、赤ちゃんの顔をじっと見つめているお母さんの姿を見ると感動します。お母さんとお子さんがずっと幸せであるようにと思います。
私は次のような理念を持った医療を目指したいと思います。

当院の理念

1.「優しい看護」に努めます。
2.「安全・安心な医療」を目指します。
3. 質の高い医療の提供めざして研鑽を怠らないよう努めます。
4. 医療をとおし地域社会に貢献します。

院長 遠藤 力 略歴
Chikara Endo

昭和53年 東北大学医学部卒業
昭和55年 東北大学医学部産婦人科教室 医員
昭和59年 東北大学文部教官助手
昭和60年 医学博士号取得「胎児呼吸様運動の生理学的研究」
昭和61年 カリフォルニア大学アーバイン留学
昭和62年 帰国、東北大学医学部産婦人科、文部教官助手
昭和63年 福島県立医科大学産婦人科講師
平成8年 函館市にて産婦人科開業

 

副院長 白戸 智洋からのごあいさつ

副院長 白戸 智洋副院長の白戸智洋です。
診療にあたり、「話しかけやすい・わかりやすい・優しくソフトに」をモットーにしています。女性の思春期・性成熟期・更年期・老年期の全てにおいて関わっていくことができるように心がけていきます。
これからも、道南地区での産科婦人科医療の発展に貢献すべく頑張ります。

 

副院長 白戸 智洋 略歴
Tomohiro Shiroto

平成10年 福島県立医科大学医学部卒業
福島県立医科大学医学部産婦人科教室 医局員
福島労災病院産婦人科
平成14年 福島県立医科大学医学部産婦人科教室 診療医
平成18年 国立病院機構福島病院産婦人科
平成19年 竹田綜合病院産婦人科
平成22年 竹田綜合病院産婦人科医長
平成22年
10月
医療法人社団 陵仁会
えんどう桔梗マタニティクリニック 副院長 就任

 

医師 新垣 加奈からのごあいさつ

医師 新垣 加奈産婦人科を受診するのは、どの女性にとっても不安や緊張を感じることだと思います。その不安をできるだけやわらげ、優しい診察とわかりやすい説明を心がけています。思春期の体の悩み・月経の悩み・不妊・更年期などお気軽にご相談ください。
また、麻酔科医としての経験を生かし、当院で従来行っている無痛分娩にも関わってまいります。
生まれ育った大好きな街・函館で、皆様のお役に立てるよう力を尽くします。よろしくお願いいたします。

 

医師 新垣 加奈 略歴
Kana Shingaki

平成14年 北海道大学医学部卒業
平成15年 市立札幌病院産婦人科
平成18年 社会保険京都病院麻酔科
平成22年 函館共愛会病院産婦人科
平成24年 宇治徳洲会病院産婦人科
平成27年
10月
医療法人社団 陵仁会
えんどう桔梗マタニティクリニック