新着情報

アロマセラピー施術について

2011年8月20日

●当院ではアロマセラピーを取り入れています。
※外来通院患者様へのアロママッサージは行っておりません。

アロマセラピーとは
花・草・木等の香りを用いてストレスを軽減し、
心身の健康を図る療法です。

体への効果
精油は抗ウイルス、抗バクテリア、抗菌作用があり
さらに有害物質を体の組織から排除させる働きをします。

心への効果
精油の成分が感情的ショックを記憶する小脳扁桃を刺激し
精神の浄化やストレスに強い心を育てます。

アロマ教室 ・実際の香りを用いての精油のお話
アロママッサージ ・分娩後のお母様方へのマッサージ(手・足・肩・顔)
・切迫早産等で長期入院の方へのマッサージ、足浴
室内香 ・アロマライトやディフューザーを使い、リラックスできる空間作り
・感染の予防
分娩時の芳香浴 ・コットンボールに好みの香り精油を染み込ませ枕元に置いて
リラックスしてもらう
ハーブティー  

上記の活用法等、多くの事を取り入れ、JAA(日本アロマコーディネータ協会)認定の
アロマセラピストが中心になって取り組んでいます。
ただし、医療現場では医療が最優先な訳ですのでアロマセラピーは
あくまでも補助療法として行っています。
役割としては医療で補いきれいな部分やメンタル的な部分を考慮しながら
身体に触れたり言葉をこえた特別なコミュニケーションによってリラックスと
症状の緩和の手助けとなる療法ですので少しでも患者様のお役に立つ事が
出来ればと考えております。

戻る